スキップしてメイン コンテンツに移動

Android(XPERIA acro)ホーム画面 vol.4

しばらく停滞していたホーム画面作成を久々に着手。

前のホームが気に入っていたのもあるけれど、実際はまったく構想がなかったから。


しかし、今回作成に至ったのには大きな理由が。

それは、メイン機acroの内部ストレージ容量がなくなりつつあり、いくつかアプリをアンインストールしなければならず、それに伴ってホーム画面に使用していたウィジェットにも影響が出てきたから。

この容量不足がかなり深刻で、アプリのアップデートが自動更新される度に「容量が不足してします」と警告される始末。

やっぱりrootedしなきゃいかんか…。

気を取り直して、今回のホーム画面が以下です。



制作時間のトータルは3時間程度。

実は2日前に1時間ほどでベースとなるデザインが出来て、少し使用してみてから今回修正として2時間ほど費やした計算。

構想を練るより修正の方が楽しかったりして。

今回のホームアプリは「LauncherPro Plus」で、1画面仕様です。


使用アプリは以下となります。

MinimalisticText / SiMiFolder / Widgetsoid2.x / DesktopVisualizeR / WeatherNow / ジョルテ

しっくりくるカレンダーアプリが見つからず、仕方なくジョルテをSDから端末側へ移動してウィジェット使用。

ただでさえ容量不足なのに・・・(涙

若干の説明として、『MEDIA、TOOL』とあるメーター風の部分に「SiMiFolder」を配置。

なのでここはただの絵でしかないです。

基本的にドロワーを開くことなく事足りるようにしています。

まだまだ修正や改善の余地ありなので、ちょくちょく弄っていこうかな♪

このブログの人気の投稿

ThinkPad 13の液晶パネルをHDからFHDに交換

昨年購入して主に仕事で使用しているThinkPad 13の液晶パネルをFHD(1920x1080)に交換しました。 ThinkPad 13の購入はオークションでしたのでかなり安く手に入れたのですが、おそらく企業でのリース品流れと思われ、液晶パネルがHD(1366x768)のTN液晶でした。 仕事で一眼カメラ撮影した数百枚の写真を選定・加工したりするので、どうしてもTN液晶では発色が悪く、また解像度も高い方が使いやすいと感じていたので交換することにしました。

「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!」に参加 ZenFone 3(ZE520KL)製品紹介などを聞いてきました

2016年12月19日に名古屋で開催された「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!」に参加させていただきました。同年3月のZenTourにも参加したので、本当に運がよかったです。またASUS様には貴重な機会をいただき大変感謝しております。 前回参加した時にも思ったことですが、普段メーカーの方に直接お会いして話が聞ける機会はあまり多くありませんので、このような機会を設けていただくASUS様は本当にユーザー在りきで製品作りに取り組んでいるなと感じます。 ツアーの冒頭でも同様の思いを話されており、主旨として製品の紹介はもちろんだが、ユーザーの声を聞いて開発に生かしていきたいとのことでした。こう言った思いを聞くと製品を使っていくうえで違った点に気づくこともあるので、本当に良い機会でした。

「Xperia X Performance タッチ&トライ」アンバサダーミーティングに参加しました

6月8日に名古屋で行われた「Xperia X Performance タッチ&トライ」アンバサダーミーティングに参加してきました。今回は6月中旬~下旬頃に国内3キャリアから発売されるXperia X Performanceを一足先に体験できるとあって当選からかなり楽しみにしていました。 今回初めてXperiaアンバサダーミーティングに参加できましたが、新作発表の都度行われているこのタッチ&トライのイベントに毎回応募はしていました。はなから当選すると思っていないので、いざ当選すると何故自分が当たったのだ?と不思議に感じてしまうものですね。 実際参加した感想を一言にするとメチャクチャ楽しい!!に尽きる内容でした。改めまして運営事務局の皆さん、貴重な機会をいただきありがとうございました。休み返上の激務でしたので記事アップが遅くなり申し訳ないです。 イベント自体は東京、大阪に次いで3カ所目となった名古屋開催でしたので、すでに多くの方が主にスライド形式で行われたイベント内容を記事にされています。Xperiaアンバサダーサロンにも各ブロガーさんの記事が掲載されているのでここでは書きませんが、私なりに感じたことやこれすごいと思った内容を挙げていこうと思います。