「Google Nexus 7」をroot化

「Google Nexus 7」のroot化を自分の備忘録も含めて記事にしたいと思います。

非常に簡単にroot化が行える『NexusRootToolkit.v1.5.2.sfx.exe』を使用しました。

◇準備

・最新のAndroidSDKをインストールしてパスを通しておきます。
・アプリのバックアップを取っておきます。(初期化されるので)
・「Google Nexus 7」の設定→開発者向けオプション→USBデバッグにチェックを入れます。


「Nexus 7」root化手順


1. NexusRootToolkit.v1.5.2.sfx.exeをダウンロード。

2. PCと端末を付属ケーブルで接続します。

3. インストールが完了したら起動します。



4. 「①Your model type」より『NAKASI: Android 4.1 - Build JRN84D(Jelly Bean)』を選択。

すでにシステムアップデートを行っている方は、『NAKASI: Android 4.1 - Build JRO03C(Jelly Bean)』を選択します。

5. 「②Unlock」をクリックして、確認画面でOKする。

これで端末内のデータが消え、初期化されます。

6. 端末画面に『Unlock bootloader?』と出たら、ボリュームボタン上下でYesを選択して、電源ボタンを押します。

これでBootloaderがUnlockされました。

起動時の画面でGoogleロゴの下に鍵マークであると思います。

次にroot化しますので、再びUSBデバッグにチェックを入れます。

7. NexusRootToolkitを起動したら、「③Root」をクリックします。

この時、CWM(ClockWorkMod)Recoveryを導入する場合は、「Permanent CWM」をチェックして「Root」をクリックします。

8. 確認画面でOKしたら、何度か端末が再起動します。

9. PCのポップアップで「Press 'OK' to exit this script...」と記載の画面と出たら完了です。

アプリ一覧に「SuperSU」、「BusyBox」が追加されているはずです。


CWM起動は、電源OFF状態から「電源ボタン+ボリューム上」で起動するようですが、私の場合はダメでした。

PCとNexus7を接続して起動することができます。

・USBデバッグにチェックしてNexus7とPCをケーブルで接続。
・コマンドプロンプトを起動。
・「adb reboot recovery」と入力。

せっかくCWMを導入したのでバックアップを取っておくといいでしょう。

ちなみに私は購入してすぐにroot化などを行って、カスタムROMやカーネルを入れてみました。

しかしバックアップを忘れており、完全初期化してやり直した経験があります。

システムやアプリのバックアップはまめに行うと良いと思います。