Galaxy Note SC-05D(Android4.0.4)をRoot化

Galaxy Note SC-05DをRoot化してみました。

すでに後継モデルのGalaxy Note IIが発売されたこの時期にやるのは悲しい気もしますが…。



Android4.0.4にして使用していましたが、よくChromeがフリーズしたりするのでいまいち使い勝手が悪く主にカーナビ代わりとなっていました。

もう少し弄ってやらないとなと思い実行した次第です。

ちなみにGalaxy Note IIは結構人気があるのか、義母までもこの機種を知っていたのが驚きでした!?

あまり人気がなければ月々サポートが増額なんてこともあるかなと思っていますが、果たしてどうなるか。

「Galaxy Note II」月々サポート

新規・機種変更 1,995 円×24ヶ月(最高47,880円) 実質負担金 32,550円
MNP 3,675円×24ヶ月(最高88,200円) 実質負担金 0円

MNPでの購入が断然お得ですね。

道がそれましたが、Galaxy Note SC-05DのRoot化を備忘録として。

Galaxy Note SC-05D Root化


まず、今回もいろいろと他ブログを参考とさせていただきました。

windowsとandroidのメモ

大変参考となりました、ありがとうございます。

◆ソフト

Odin3-v1.85

◆ファイル

Tegrak-Kernel-Build-32-for-SHV-E160S-FA09.recovery.tar
Superuser-i717-ICS-signed.zip(GBの場合はSuperuser-3.0.6-efgh-signed.zip

◆手順

Superuser-i717-ICS-signed.zip(GBの場合はSuperuser-3.0.6-efgh-signed.zip)をGalaxy Noteの内部ストレージにコピー

Galaxy Noteの電源を切る

ボリュームDOWN + ホームボタン + 電源ボタンを長押しする

「警告!!」と書かれた画面になったら、ボリュームUPを押して「Downloading…」の画面にする

 Odinを起動して、「PDA」に「Tegrak-Kernel-Build-32-for-SHV-E160S-FA09.recovery.tar」をセットする

Galaxy Noteをパソコンと接続して、画面左の「ID:COM」が黄色に変わったら「START」をクリック



緑色バーが100%になり、Galaxy Noteが再起動する

再起動したらパソコンとの接続を解除して、Galaxy Noteの電源を切る

ボリュームUP + ボリュームDOWN + 電源ボタンを長押しして、数回ブルったら電源ボタンのみ離す

「Tegrak Kernel Build 32」と黄色文字が表示される画面となれば、Galaxy Noteに入れておいたSuperuser-i717-ICS-signed.zip(GBの場合はSuperuser-3.0.6-efgh-signed.zip)をインストールする。

EXIT選択で再起動後、アプリ一覧に「Superiser」があれば成功です。

ただ私の場合、参考ブログのコメントにあるようにTegrakリカバリではなく、純正リカバリが起動してしまいました。

ドライバをインストールしなおしたり、Tegrakを焼きなおしたりしてもダメでしたが、ICSロムを焼いたらTegrakリカバリが起動しました。

◆ICSロムの入手

Check Fus Downloaderを使用してICSロムをダウンロードします。

Check Fus Downloaderを起動してタブ「Android」に以下を入力します。

OS = Android
Model = SC-05D
Product Code = SGH-NO14UWNDCM
Hidswver(PDA/CSC/PHONE/PDA) = SC05DOMLPL/SC05DDCMLPL/SC05DOMLPL/SC05DOMLPL

入力したら「Check firmware」をクリックすると「Result」に結果が表示されるので、「Download」をクリック



警告が出る場合は、タブ「Standard」の「Choose a firmware」のプルダウンをAndroidにする



出来上がったICSロムは純正ロムとなるので大切に保存しておきます。

これで無事、Galaxy Note SC-05DをRoot化出来ました。

これからカスタムROMなどを入れていきたいと思います。