「Xperia tipo dual」のroot化

通話用に購入した2枚のSIMが挿入できるXperia tipo dualのroot化を行いました。


日本で発売されていない機種かつエントリーモデルなため需要も少ないようで、Googleさんでもあまり情報がありませんでしたが、簡単にroot化できるツールがありました。

エクスパンシス
まずはお約束の決まり事です。

・root化はメーカー保証対象外の行為です
・root化による代償をよく考えて、全て自己責任で行いましょう

◇確認

今回、Xperia tipo dualのビルド番号が『11.0.A.6.5』の場合実行可能なrootツールを使用します。


◇注意

今回使用するrootツールはWindows8では実行できませんでした(セーフモードでもダメ)。

Windows7(32bit)で実行可能でしたが、おそらくXP~7なら大丈夫かと思います。

◇準備

・最新のAndroidSDKをインストールしてパスを通しておきます
・バックアップを取っておきます
・設定→開発者向けオプション→USBデバッグにチェックを入れます

「Xperia tipo dual」root化手順

こちらより「UnLockRoot」ツールをダウンロードします(Download部分)。

ツールを解凍したら、Xperia tipo dualとPCを繋ぎます。

解凍後のunlockroot.exeを起動します。


「Root」をクリックして、端末(ST21i2)を選択します。

2回ほど確認画面が出ますので、「はい」をクリックします。

端末が再起動して、ドロワに「SuperSU」があればroot化完了です。


これでTitaniumBackupなどが使用できます。

ついでにフォントの変更も行いました。

PCと端末を繋いで、フォントを端末のsdcardにコピーします。

私は「DroidSansJapanese.ttf」を入れました。

コピーしたフォントをRootExplorerなどを使って/system/fontsにコピーします。

フォントのパーミッションを644にします。



次に/system/etc/fallback_fonts.xmlを開いて、以下の内容を一番上に追加します。

<family>
    <fileset>
        <file>DroidSansJapanese.ttf</file>
    </fileset>
</family>

変更を保存して端末を再起動します。

再起動後、フォントが適用されていれば完了です。