スキップしてメイン コンテンツに移動

Android(XPERIA acro)ホーム画面 vol.3 作成編

久々にAndroidのホーム画面を作成しました。

前回vol.2で作成したLauncherPro使用のホーム画面がなかなかのお気に入りで、しばらくイメージが湧かず滞っておりました。

今回は、前回のをアレンジしたものとなります。





今回は、ホームアプリ「ADW Launcher EX」を使用したホーム画面です。

しばらくADWを使用していない間に、バージョンアップがなされており、Themeから選べていた『Hidden Dockbar』がなくなっていました。

まぁ~これはそれほど問題ではないなと作成していると、今度はメインドックにいれたアプリアイコンの変更が分からなくなっていた!?

年を取るごとに物忘れがひどくなるとは言うものの、これほどまでに忘れているとは…。

なので、ここでメインドック上のアプリアイコンの変更方法を備忘録!

・ドロワーからメインドックに入れたいアプリを長押ししてホーム画面に。
・ホーム画面の適当な所に配置したら再び長押し。
・「Edit」を選んで、アイコン部分をタップして透明画像を選択。
・「Edit」画面でアプリのテキストを削除したらメインドックへ配置。

アプリのテキストは、設定で非表示にできたかも。

とりあえず、いろんなサイトを拝見しながら作成してみましたが、今回の特徴は『Launcher Actions』のスクリーン移動を使用して2画面構成にしたところです。

『Launcher Actions』の存在は知っていたものの、使い方も知らずに今までいたのが少し恥ずかしいです。


左側がデフォルトスクリーンで、下部の「A」をタップすると、右側画面が切り替わったように見えるよう設定しています。

まぁ~完全なる自己満足の仕様です。

ただ、スクリーン切り替えボタンのすぐ上に配置している4つの仮想ボタンが、メインドックと似たものであり、まだ不完全な出来です。

もう少し練ってみたいと思います。

このブログの人気の投稿

ThinkPad 13の液晶パネルをHDからFHDに交換

昨年購入して主に仕事で使用しているThinkPad 13の液晶パネルをFHD(1920x1080)に交換しました。 ThinkPad 13の購入はオークションでしたのでかなり安く手に入れたのですが、おそらく企業でのリース品流れと思われ、液晶パネルがHD(1366x768)のTN液晶でした。 仕事で一眼カメラ撮影した数百枚の写真を選定・加工したりするので、どうしてもTN液晶では発色が悪く、また解像度も高い方が使いやすいと感じていたので交換することにしました。

「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!」に参加 ZenFone 3(ZE520KL)製品紹介などを聞いてきました

2016年12月19日に名古屋で開催された「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!」に参加させていただきました。同年3月のZenTourにも参加したので、本当に運がよかったです。またASUS様には貴重な機会をいただき大変感謝しております。 前回参加した時にも思ったことですが、普段メーカーの方に直接お会いして話が聞ける機会はあまり多くありませんので、このような機会を設けていただくASUS様は本当にユーザー在りきで製品作りに取り組んでいるなと感じます。 ツアーの冒頭でも同様の思いを話されており、主旨として製品の紹介はもちろんだが、ユーザーの声を聞いて開発に生かしていきたいとのことでした。こう言った思いを聞くと製品を使っていくうえで違った点に気づくこともあるので、本当に良い機会でした。

Xperia XZ SO-01Jを購入 ラスタバナナのスーパーさらさら液晶保護フィルムを貼ってみた

docomoから発売されたXperia XZ SO-01Jを購入しました。今回は機種変更での購入です。とは言っても自分用ではなく、嫁さん用なので歯痒いですが、簡単な開封と液晶保護フィルムのレビューとなります。 購入前にSONYストアで実機は見てきましたが、正直言って少し期待外れでした。何というか、もっと頑張ってほしかったと思うデザインだったからです。思えば初めてXperia Zを見た時の感動は今だ超えられないです。とは言っても少し欲しくなっている自分がいたので、嫁さんの買い替え時期だったこともあり、思い切って勧めてみたところ、以外とすんなり受け入れてもらえました。 ちなみに以前使っていたのはGalaxy Note 3で、画面が大きいのが良いという要望により手に入れたものでしたが、今回はそれほど拘りがなくて少し拍子抜けした感じです。 我が家のことはさて置き、早速Xperia XZを開封していきます(余談ですが、化粧箱がメチャクチャ開けにくかったです)。