スキップしてメイン コンテンツに移動

Galaxy Note SC-05D(Android4.0.4)をRoot化

Galaxy Note SC-05DをRoot化してみました。

すでに後継モデルのGalaxy Note IIが発売されたこの時期にやるのは悲しい気もしますが…。



Android4.0.4にして使用していましたが、よくChromeがフリーズしたりするのでいまいち使い勝手が悪く主にカーナビ代わりとなっていました。

もう少し弄ってやらないとなと思い実行した次第です。

ちなみにGalaxy Note IIは結構人気があるのか、義母までもこの機種を知っていたのが驚きでした!?

あまり人気がなければ月々サポートが増額なんてこともあるかなと思っていますが、果たしてどうなるか。

「Galaxy Note II」月々サポート

新規・機種変更 1,995 円×24ヶ月(最高47,880円) 実質負担金 32,550円
MNP 3,675円×24ヶ月(最高88,200円) 実質負担金 0円

MNPでの購入が断然お得ですね。

道がそれましたが、Galaxy Note SC-05DのRoot化を備忘録として。

Galaxy Note SC-05D Root化


まず、今回もいろいろと他ブログを参考とさせていただきました。

windowsとandroidのメモ

大変参考となりました、ありがとうございます。

◆ソフト

Odin3-v1.85

◆ファイル

Tegrak-Kernel-Build-32-for-SHV-E160S-FA09.recovery.tar
Superuser-i717-ICS-signed.zip(GBの場合はSuperuser-3.0.6-efgh-signed.zip

◆手順

Superuser-i717-ICS-signed.zip(GBの場合はSuperuser-3.0.6-efgh-signed.zip)をGalaxy Noteの内部ストレージにコピー

Galaxy Noteの電源を切る

ボリュームDOWN + ホームボタン + 電源ボタンを長押しする

「警告!!」と書かれた画面になったら、ボリュームUPを押して「Downloading…」の画面にする

 Odinを起動して、「PDA」に「Tegrak-Kernel-Build-32-for-SHV-E160S-FA09.recovery.tar」をセットする

Galaxy Noteをパソコンと接続して、画面左の「ID:COM」が黄色に変わったら「START」をクリック



緑色バーが100%になり、Galaxy Noteが再起動する

再起動したらパソコンとの接続を解除して、Galaxy Noteの電源を切る

ボリュームUP + ボリュームDOWN + 電源ボタンを長押しして、数回ブルったら電源ボタンのみ離す

「Tegrak Kernel Build 32」と黄色文字が表示される画面となれば、Galaxy Noteに入れておいたSuperuser-i717-ICS-signed.zip(GBの場合はSuperuser-3.0.6-efgh-signed.zip)をインストールする。

EXIT選択で再起動後、アプリ一覧に「Superiser」があれば成功です。

ただ私の場合、参考ブログのコメントにあるようにTegrakリカバリではなく、純正リカバリが起動してしまいました。

ドライバをインストールしなおしたり、Tegrakを焼きなおしたりしてもダメでしたが、ICSロムを焼いたらTegrakリカバリが起動しました。

◆ICSロムの入手

Check Fus Downloaderを使用してICSロムをダウンロードします。

Check Fus Downloaderを起動してタブ「Android」に以下を入力します。

OS = Android
Model = SC-05D
Product Code = SGH-NO14UWNDCM
Hidswver(PDA/CSC/PHONE/PDA) = SC05DOMLPL/SC05DDCMLPL/SC05DOMLPL/SC05DOMLPL

入力したら「Check firmware」をクリックすると「Result」に結果が表示されるので、「Download」をクリック



警告が出る場合は、タブ「Standard」の「Choose a firmware」のプルダウンをAndroidにする



出来上がったICSロムは純正ロムとなるので大切に保存しておきます。

これで無事、Galaxy Note SC-05DをRoot化出来ました。

これからカスタムROMなどを入れていきたいと思います。

このブログの人気の投稿

ThinkPad 13の液晶パネルをHDからFHDに交換

昨年購入して主に仕事で使用しているThinkPad 13の液晶パネルをFHD(1920x1080)に交換しました。 ThinkPad 13の購入はオークションでしたのでかなり安く手に入れたのですが、おそらく企業でのリース品流れと思われ、液晶パネルがHD(1366x768)のTN液晶でした。 仕事で一眼カメラ撮影した数百枚の写真を選定・加工したりするので、どうしてもTN液晶では発色が悪く、また解像度も高い方が使いやすいと感じていたので交換することにしました。

「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!」に参加 ZenFone 3(ZE520KL)製品紹介などを聞いてきました

2016年12月19日に名古屋で開催された「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!」に参加させていただきました。同年3月のZenTourにも参加したので、本当に運がよかったです。またASUS様には貴重な機会をいただき大変感謝しております。 前回参加した時にも思ったことですが、普段メーカーの方に直接お会いして話が聞ける機会はあまり多くありませんので、このような機会を設けていただくASUS様は本当にユーザー在りきで製品作りに取り組んでいるなと感じます。 ツアーの冒頭でも同様の思いを話されており、主旨として製品の紹介はもちろんだが、ユーザーの声を聞いて開発に生かしていきたいとのことでした。こう言った思いを聞くと製品を使っていくうえで違った点に気づくこともあるので、本当に良い機会でした。

Xperia XZ SO-01Jを購入 ラスタバナナのスーパーさらさら液晶保護フィルムを貼ってみた

docomoから発売されたXperia XZ SO-01Jを購入しました。今回は機種変更での購入です。とは言っても自分用ではなく、嫁さん用なので歯痒いですが、簡単な開封と液晶保護フィルムのレビューとなります。 購入前にSONYストアで実機は見てきましたが、正直言って少し期待外れでした。何というか、もっと頑張ってほしかったと思うデザインだったからです。思えば初めてXperia Zを見た時の感動は今だ超えられないです。とは言っても少し欲しくなっている自分がいたので、嫁さんの買い替え時期だったこともあり、思い切って勧めてみたところ、以外とすんなり受け入れてもらえました。 ちなみに以前使っていたのはGalaxy Note 3で、画面が大きいのが良いという要望により手に入れたものでしたが、今回はそれほど拘りがなくて少し拍子抜けした感じです。 我が家のことはさて置き、早速Xperia XZを開封していきます(余談ですが、化粧箱がメチャクチャ開けにくかったです)。