スキップしてメイン コンテンツに移動

「Xperia tipo dual」のBootloader Unlock

前回はXperia tipo dualのroot化を行いました。

主に通話用なのでそれほど弄る必要もないのですが、初のグローバル版なのでやっぱりいろいろやってみたくなります。


この端末のAndroidOSバージョンは4.0.4のICSですが、調べてみると4.1.2を搭載したtipoがあったり…。

と言うことで早速BootloaderのUnlockをしてみたいと思います。


毎度のお約束から。

・Bootloader Unlockをすることでメーカー保証は受けられなくなります
・文鎮化などのリスクもあります、十分に考えて自己責任で実行してください

グローバル版のXperiaはSONYによってBootloader UnlockのKeyを発行してもらえます。

日本版は認められていないので、後述するサイトは全て英語表記となっています。

◇確認

Bootloaderがロック状態でroot化してあると、アンロックできないようですので、必ず非root端末に戻しておきます。

戻し方は前回使用したroot化ツールでUnRootを実行すればOKです。

またWindows8ではfastbootが実行できませんでした(自分だけかも)ので、WindowsXP~7搭載PCで作業します。

私はWindowsVista32bitで行いました。

◇準備

・最新のAndroidSDKをインストールしてパスを通しておきます
・PC CompanionをインストールしてXperia tipo dualと接続、認識されればドライバがインストールされます
・バックアップを取っておきます(Bootloader Unlockを行うと初期化されます)
・設定→開発者向けオプション→USBデバッグにチェックを入れます


Xperia tipo dual Bootloader Unlock手順


◇端末の確認、アンロックKey入手

まずはBootloader Unlock可能な端末かどうか調べます。

ダイヤルアプリから*#*#7378423*#*#へダイヤルします。

最後の#を入力すると画面が切り替わります。

Service info → Configrationとタップします。

画面に「Bootloader unlock allowed:Yes」と表示されていればアンロック可能な端末です。

またこの時表示されているIMEI(15桁数字)をメモしておきます。

次にアンロックKeyを入手します。

グローバル版のSONYサイトを開きます。

下部の「Start unlocking the boot loader」をクリックします。

また下部まで進み、「Continue」をクリックします。

「Yes, I'm sure」をクリックします。

出てきた内容を確認したら2ヵ所をチェックして、「I accept」をクリックします。

フォームが表示されたら、名前・先ほどメモしたIMEI(頭から14桁のみ入力)、Eメールアドレスを入力して「Submit」をクリックします。

メールが届きますので、書いてあるアンロックKeyを確認します。


◇Bootloader Unlock

Xperia tipo dualの電源を落として、音量ボタンUPを押しながらPCと接続します。

LEDが青色に光っているのを確認します。

AndroidSDKをインストールしたフォルダのplatform-toolsフォルダを開き、fastboot.exeがあることを確認したら、Shift+マウス右クリックでコマンドプロンプトを開きます。

コマンドプロンプトで「fastboot.exe -i 0x0fce getvar version」と入力して実行、バージョン数字が出ることを確認します。

次に「fastboot.exe -i 0x0fce oem unlock 0xCODE」を入力して「CODE」の部分にアンロックKeyを入力して実行、すぐに処理が完了します。

PCと端末の接続を解除して、端末の電源を入れ、先ほどの端末確認時のConfigration画面で「Bootloader unlocked:Yes」と表示されればBootloader Unlockの完了です。


これでカスタムロムを入れることができます。

この後に前回のRoot化ツールを実行すればOKです。


キャプチャと取り忘れたため、文字のみの説明となってしまいました。

次回はClockworkMod(CWM)を入れたいと思います。


このブログの人気の投稿

ThinkPad 13の液晶パネルをHDからFHDに交換

昨年購入して主に仕事で使用しているThinkPad 13の液晶パネルをFHD(1920x1080)に交換しました。 ThinkPad 13の購入はオークションでしたのでかなり安く手に入れたのですが、おそらく企業でのリース品流れと思われ、液晶パネルがHD(1366x768)のTN液晶でした。 仕事で一眼カメラ撮影した数百枚の写真を選定・加工したりするので、どうしてもTN液晶では発色が悪く、また解像度も高い方が使いやすいと感じていたので交換することにしました。

「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!」に参加 ZenFone 3(ZE520KL)製品紹介などを聞いてきました

2016年12月19日に名古屋で開催された「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!」に参加させていただきました。同年3月のZenTourにも参加したので、本当に運がよかったです。またASUS様には貴重な機会をいただき大変感謝しております。 前回参加した時にも思ったことですが、普段メーカーの方に直接お会いして話が聞ける機会はあまり多くありませんので、このような機会を設けていただくASUS様は本当にユーザー在りきで製品作りに取り組んでいるなと感じます。 ツアーの冒頭でも同様の思いを話されており、主旨として製品の紹介はもちろんだが、ユーザーの声を聞いて開発に生かしていきたいとのことでした。こう言った思いを聞くと製品を使っていくうえで違った点に気づくこともあるので、本当に良い機会でした。

Xperia XZ SO-01Jを購入 ラスタバナナのスーパーさらさら液晶保護フィルムを貼ってみた

docomoから発売されたXperia XZ SO-01Jを購入しました。今回は機種変更での購入です。とは言っても自分用ではなく、嫁さん用なので歯痒いですが、簡単な開封と液晶保護フィルムのレビューとなります。 購入前にSONYストアで実機は見てきましたが、正直言って少し期待外れでした。何というか、もっと頑張ってほしかったと思うデザインだったからです。思えば初めてXperia Zを見た時の感動は今だ超えられないです。とは言っても少し欲しくなっている自分がいたので、嫁さんの買い替え時期だったこともあり、思い切って勧めてみたところ、以外とすんなり受け入れてもらえました。 ちなみに以前使っていたのはGalaxy Note 3で、画面が大きいのが良いという要望により手に入れたものでしたが、今回はそれほど拘りがなくて少し拍子抜けした感じです。 我が家のことはさて置き、早速Xperia XZを開封していきます(余談ですが、化粧箱がメチャクチャ開けにくかったです)。