スキップしてメイン コンテンツに移動

「Xperia Z SO-02E」にAndroid 4.4.4を導入

グローバルモデルのXperia ZにはすでにAndroid4.4.4が公式アップデートされていますが、docomoから発売されたSO-02Eは4.4.2止まりとなっています。

まぁ、キャリアのアップデート遅延または打ち切りは今に始まったことではないですが、やはり寂しいばかり。なのでグローバルモデルのFTFを、SO-02Eに導入してみました。




※導入は端末が起動しなかったり、再起動ループに陥る危険性があります。自力でなんとかできる方以外は実施しないことをおすすめします。

準備

  • Android4.4.4 FTFファイル(10.5.1.A.0.283)
  • Android4.4.2 FTFファイル(10.5.A.0.233)
  • rootkitXperia_20140719
FTFファイルは、XperiaFirmからダウンロードしたファイルをFlashtoolで作成しました。
使用したのは以下となります。
  • 10.5.1.A.0.283 = C6603 Customized SG:シンガポール版
  • 10.5.A.0.233 = C6603 Customized HK:香港版
rootkitXperia_20140719はキューブキューブさん作成のroot化ツールとなります。
作者様ありがとうございます。


手順概要

10.5.1.A.0.283ではroot化が出来ないようなので、10.5.A.0.233のカーネルを焼いてroot化後、再度10.5.1.A.0.283のカーネルを焼いて対応します。
  1. 4.4.4 FTFファイル(10.5.1.A.0.283)をFlashtoolで焼く
  2. GooglePlayからSuperSUをインストール
  3. 4.4.2 FTFファイル(10.5.A.0.233)のカーネルだけをFlashtoolで焼く
  4. root化ツールを実行
  5. SuperSUを起動
  6. 4.4.4 FTFファイル(10.5.1.A.0.283)のカーネルだけをFlashtoolで焼く

手順詳細

初めにSO-02Eのバックアップをとっておきます。
TitaniumBackupやRecoveryなど出来るだけやっておいた方がいいです。

Flashtoolを起動後、雷マークをクリックして「Flashmode」を選択します。

FTFファイルのフォルダを指定して、焼きたいFTF(10.5.1.A.0.283)を選択します。
右側のチェックボックスは、今回はそのまま(初期化されます)で「Flash」をクリックします。

PCと端末(SO-02E)を接続するよう画面に表示されたら、端末の電源を切って10秒待ち、ボリュームダウンを押しながら接続します。

Flashtoolの画面に経過が表示されます。緑のインジケータが消えて、『Flashing Finished』と表示されれば完了です。

端末を起動して、GooglePlayからSuperSUをインストールします。
後で10.5.A.0.233のカーネルを焼くとWi-Fi接続が出来なくなるので、このタイミングでインストールしておきます。

再度Flashtoolを起動して、FTF(10.5.A.0.233)を選択します。
今度はカーネルだけ焼くので、Wipeのチェックを全て外して、Excludeのkernel以外に全てチェックを入れます。

先ほど同様にPCと端末を接続してFlash完了を待ちます。
待つ間にroot化ツール(rootkitXperia_20140719)を解凍しておきます。

Flashが完了したら端末を起動して、USBデバックにチェックを入れます。PCと端末を接続したまま、root化ツールの解凍フォルダにある「install.bat」をダブルクリックして実行します。

コマンドプロンプト画面で『--- all finished ---』と出たらroot化成功です。

ただ私の場合、root化ツールを実行する時にネットワーク通信がないと実行されませんでした。
端末にSIMが挿入されていない状態だったので、手持ちのMR03LNのBluetoothテザリングで通信を確保して実行しました。(前述のとおりWi-Fiは繋がりません)

端末にインストールしておいたSuperSUを起動します。この時バイナリがあれば実行しておきます。
(バイナリ更新が失敗するかもしれませんがそのままで大丈夫なようです。ただ私の場合はバイナリ実行はありませんでした)

端末の再起動後(またはそのままの状態)、電源を切ります。再びFlashtoolを起動します。
FTF(10.5.1.A.0.283)を選択したら、今度はカーネルだけを焼きます。

Flashが完了すれば終了です。
端末情報を確認して、4.4.4になっていれば成功です。

Xi契約(データ通信専用)のSIMで確認したところ、moperaUは自動的にAPN設定が出ました。
その他は未確認ですが、MVNOも使用できるかもしれません。

NFCは利用できません。またおサイフ機能も利用できないと思います。
(国内機能は試していないので未検証です)



このブログの人気の投稿

ThinkPad 13の液晶パネルをHDからFHDに交換

昨年購入して主に仕事で使用しているThinkPad 13の液晶パネルをFHD(1920x1080)に交換しました。 ThinkPad 13の購入はオークションでしたのでかなり安く手に入れたのですが、おそらく企業でのリース品流れと思われ、液晶パネルがHD(1366x768)のTN液晶でした。 仕事で一眼カメラ撮影した数百枚の写真を選定・加工したりするので、どうしてもTN液晶では発色が悪く、また解像度も高い方が使いやすいと感じていたので交換することにしました。

「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!」に参加 ZenFone 3(ZE520KL)製品紹介などを聞いてきました

2016年12月19日に名古屋で開催された「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!」に参加させていただきました。同年3月のZenTourにも参加したので、本当に運がよかったです。またASUS様には貴重な機会をいただき大変感謝しております。 前回参加した時にも思ったことですが、普段メーカーの方に直接お会いして話が聞ける機会はあまり多くありませんので、このような機会を設けていただくASUS様は本当にユーザー在りきで製品作りに取り組んでいるなと感じます。 ツアーの冒頭でも同様の思いを話されており、主旨として製品の紹介はもちろんだが、ユーザーの声を聞いて開発に生かしていきたいとのことでした。こう言った思いを聞くと製品を使っていくうえで違った点に気づくこともあるので、本当に良い機会でした。

Xperia XZ SO-01Jを購入 ラスタバナナのスーパーさらさら液晶保護フィルムを貼ってみた

docomoから発売されたXperia XZ SO-01Jを購入しました。今回は機種変更での購入です。とは言っても自分用ではなく、嫁さん用なので歯痒いですが、簡単な開封と液晶保護フィルムのレビューとなります。 購入前にSONYストアで実機は見てきましたが、正直言って少し期待外れでした。何というか、もっと頑張ってほしかったと思うデザインだったからです。思えば初めてXperia Zを見た時の感動は今だ超えられないです。とは言っても少し欲しくなっている自分がいたので、嫁さんの買い替え時期だったこともあり、思い切って勧めてみたところ、以外とすんなり受け入れてもらえました。 ちなみに以前使っていたのはGalaxy Note 3で、画面が大きいのが良いという要望により手に入れたものでしたが、今回はそれほど拘りがなくて少し拍子抜けした感じです。 我が家のことはさて置き、早速Xperia XZを開封していきます(余談ですが、化粧箱がメチャクチャ開けにくかったです)。