スキップしてメイン コンテンツに移動

【ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!】ZenFone 3を快適に使うために行った設定

2016年に参加した「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!」でお借りしているZenFone 3を日々使用していますが、ZenUIにもだいぶ慣れてきました。私はどのスマホを使う時もNova Launcherというホームアプリを使用して全て同じ設定にしてあるため、正直ZenUIが使いにくいと思いました。今回は少しでもZenUIでいつもと同じ設定を実現できるように設定した内容をご紹介します。

矢口日的ZenFone 3の設定内容

ホーム画面

まずは現在のホーム画面ですが、画像で分かるとおりかなりマニアックなホーム画面となっています。ホームアプリはデフォルトの「ZenUI Launcher」となります。基本的にホーム画面にはアイコンやウィジェットは何も置きたくないので、シンプルな状態となっています。これは単に元のホーム画面にあったアイコンなどを全部削除しました。

アプリドロワー(アプリ一覧)の呼び出しボタンのみ表示してありますが、これは削除することができないので仕方なく置いてありますが、出来ればこれも削除できて上へスワイプなどのジェスチャーでアプリドロワーが表示できるなどの自由度をZenUI Launcherで実現してもらいたいです。

ちなみにZenUI Launcherで上へスワイプするとホーム画面の管理が開きます。これはホーム画面の長押しでも表示できます。会社の女性同僚にはこの画面が可愛いと好評でしたので、こういったのが一般的に好まれるのかなと感じました。

ステータスバー

電波の状態や通知などが表示されるステータスバーは透過0%として背景画像をそのまま表示しています。「ホーム画面の管理」から「ユーザー設定」→「ホーム画面」→「ステータスバーの透明度」を選択します。出てきた画面の「ステータスバー」から透明度を調整できます。

また電池残量はデフォルトでは数値表示されないので、アプリドロワーの「設定」→「電池」を開き、右上のメニューから「電池残量をパーセントで表示する」にチェックを入れます。

その他にホーム画面を下へスワイプした時に展開される通知ステータスがデフォルトは「クイック検索を起動する」になっていますが、これを通知パネル(通知とクイック設定)を開くようにしてあります。設定方法は「ホーム画面の管理」→「ユーザー設定」→「ホーム画面」→「スワイプダウン時の動作」を開き、「通知パネルを開く」をタップします。

ちなみにクイック設定は12個配置できますが、最小値も12個となるため、あまり使わないものも表示しておく必要があります。さらに上4個と他8個は配置できるものが決まっているので、この辺も自由度を持たせてもらえると嬉しいです。

アプリドロワー

アプリドロワーは左右のスワイプで表示切替しますが、私は全てのアプリを表示して上下へスワイプするのが好みなので、ASUS様にはぜひここも設定出来るよう検討いただきたいです。1画面で表示するアプリの数は、アプリドロワーの右上メニューから「グリッドサイズ」を選択し、好きなサイズを選びます。私はMAXとなる5x5を選択してあります(これももっと増やして!)。

ちなみに同じメニューで「アプリの非表示」が設定できるので、アンインストールできない余分なアプリを非表示にしてドロワーをスッキリさせることができます。この設定は嬉しいですね。

その他

アプリ履歴を表示するタスクボタン(ナビゲーションのホームボタン右側)を長押しすることで簡単にスクリーンショットが撮れるよう「設定」→「ASUSカスタマイズ設定」→「マルチタスクボタン」から「ボタンを押し続け、スクリーンショットを保存する」を設定してあります。スクリーンショットは無音で撮れるため、周りを気にせずいつでも撮れるためはかどります。

最後にこれはホームアプリではないのですが、何も表示しないホーム画面で快適に操作するために「Lmt Launcher」というアプリをインストールしています。画面の端を押すとショートカットとして登録したアプリが扇形に表示されるアプリなのですが、ASUS様にはぜひこういった機能もお考えいただければと思います。おそらく一般的ではないため、検討の余地すらないと思われますが…。

関連記事

 ・【ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!】ZenFone 3に購入した保護フィルムとケースからナビゲーションバーに思うこと
 ・「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!」に参加 ZenFone 3(ZE520KL)製品紹介などを聞いてきました
 ・ZenPad7.0はXperia Z Ultraの代わりになりえるか
 ・ZenPad7.0 (Z370C)を数週間使ってみて
 ・ZenTour2016にてASUS ZenPad 7.0 (Z370C)をお借りしました

コメント

このブログの人気の投稿

ThinkPad 13の液晶パネルをHDからFHDに交換

昨年購入して主に仕事で使用しているThinkPad 13の液晶パネルをFHD(1920x1080)に交換しました。 ThinkPad 13の購入はオークションでしたのでかなり安く手に入れたのですが、おそらく企業でのリース品流れと思われ、液晶パネルがHD(1366x768)のTN液晶でした。 仕事で一眼カメラ撮影した数百枚の写真を選定・加工したりするので、どうしてもTN液晶では発色が悪く、また解像度も高い方が使いやすいと感じていたので交換することにしました。

「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!」に参加 ZenFone 3(ZE520KL)製品紹介などを聞いてきました

2016年12月19日に名古屋で開催された「ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭!」に参加させていただきました。同年3月のZenTourにも参加したので、本当に運がよかったです。またASUS様には貴重な機会をいただき大変感謝しております。 前回参加した時にも思ったことですが、普段メーカーの方に直接お会いして話が聞ける機会はあまり多くありませんので、このような機会を設けていただくASUS様は本当にユーザー在りきで製品作りに取り組んでいるなと感じます。 ツアーの冒頭でも同様の思いを話されており、主旨として製品の紹介はもちろんだが、ユーザーの声を聞いて開発に生かしていきたいとのことでした。こう言った思いを聞くと製品を使っていくうえで違った点に気づくこともあるので、本当に良い機会でした。

「Xperia X Performance タッチ&トライ」アンバサダーミーティングに参加しました

6月8日に名古屋で行われた「Xperia X Performance タッチ&トライ」アンバサダーミーティングに参加してきました。今回は6月中旬~下旬頃に国内3キャリアから発売されるXperia X Performanceを一足先に体験できるとあって当選からかなり楽しみにしていました。 今回初めてXperiaアンバサダーミーティングに参加できましたが、新作発表の都度行われているこのタッチ&トライのイベントに毎回応募はしていました。はなから当選すると思っていないので、いざ当選すると何故自分が当たったのだ?と不思議に感じてしまうものですね。 実際参加した感想を一言にするとメチャクチャ楽しい!!に尽きる内容でした。改めまして運営事務局の皆さん、貴重な機会をいただきありがとうございました。休み返上の激務でしたので記事アップが遅くなり申し訳ないです。 イベント自体は東京、大阪に次いで3カ所目となった名古屋開催でしたので、すでに多くの方が主にスライド形式で行われたイベント内容を記事にされています。Xperiaアンバサダーサロンにも各ブロガーさんの記事が掲載されているのでここでは書きませんが、私なりに感じたことやこれすごいと思った内容を挙げていこうと思います。